日本ママヨガ協会 ~産後ヨガ・親子ヨガ・育脳ヨガ・ベビーマッサージ・マタニティヨガ養成~

ママが癒されるヨガインストラクターを養成。全国にママの笑顔と癒しをお伝えしています。

MENU

<締切>子どもと良い関係を築くには?アドラーの「勇気づけ」子育て講演会

2015-09-10

アドラー子育て心理学講演会   一生役立つ!人生を力強く生きる力を育む「勇気づけ」の基本を学んでみませんか?   49万部の大ベストセラー、今話題の「嫌われる勇気」著者 岸見一郎先生と「知育玩具と絵本・子育ての専門家」藤田篤先生をお招きして 日本ママヨガ協会主催、子育て講演会を開催致します!    

アドラーの「勇気づけ」子育て講演会

  第一部 『ほめない・しからない?? 新!「勇気づけ」子育てのはじめ方』 ■1部は、「勇気づけ」を基に、シンプルですぐに役立つ子どもとの接し方がテーマです。大人の心の持ち方、子どもの導き方、声のかけ方など、本だけではイメージしにくかった部分を、岸見先生から直接学べる場となります。 藤田先生が岸見先生から、子育ての悩みへのアドバイスや秘訣などを引き出してくださいます。 第二部 『今すぐ幸せになれる!「今ここ」にフォーカスする生き方 』 ■2部は、私たち大人向けに、アドラー心理学が教えてくれる幸福へのヒントをテーマにしました。 子どもの幸せをいくら願っても、私たち大人が幸せな姿を見せられなければ、子どもも幸せな未来を描くことはできません。幸せな人生って何?どうすれば、私たちは、幸せになれるの?その生き方について一緒に学んでいきましょう。 後半は、カーも加わり、藤田先生のファシリテートのもと、母親の悩みや疑問などを岸見先生にどんどんお答えいただきます。   ■講師 岸見 一郎先生 (哲学者) 1956年、京都生まれ、京都在住。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。 専門の哲学(西洋古代哲学、得にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。 精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの「青年」の カウンセリングを行う。 日本アドラー心理学会認定カウンセラー顧問。訳書にアルフレッド・アドラーの「個人心理学講義」 「人はなぜ神経症になるのか」、著書に「アドラー心理学入門」など多数。 古賀史健氏との共著「嫌われる勇気」では原案を担当。   藤田 篤先生 (知育玩具と絵本・子育ての専門家) 一般社団法人 日本知育玩具協会 代表としておもちゃと絵本に係るノウハウを全ての人に提供する。 知育玩具インストラクターⓒ養成講座を開講し、指導者育成に尽力。 知育玩具、絵本の与え方について、毎年1000件を超える相談に応じ、温厚で愛情あふれる 話し方、接し方で出会う人に感銘を与え「子育てを感動する」アドバイスを与えている。 著書「子育てを感動にするおもちゃと絵本」   ■主催: 一般社団法人 日本ママヨガ協会 カー 亜樹(一般社団法人 日本ママヨガ協会代表) 一般社団法人 日本ママヨガ協会にて、子ども連れで参加できるママのためのヨガクラスを全国で展開。 マヨガで育児ストレスを手放し、前向きに育児に取り組めるヨガを取り入れた子育ての支援。 子育て経験を強みに新たなキャリアをスタートできる講師を育成し、ママの新しい働き方を全国に提案。 助産師、保育士、看護師などの資格を持つ講師陣と新しいプログラムの開発にも携わる。     ■ 日時 2014年11月1日(土) 開場:10:00 着席:10:20 ご参加のお申込みありがとうございました! 10/27に締め切り致しました   ■ 場所 ラポルテホール ・住所:〒659-0093 芦屋市船戸町4-1-305 ・交通:JR「芦屋」駅下車。北側の陸橋を歩いてすぐ   ■ 会費 3,000円 (事前振込制) 一般席 ・お子様連れのご参加はご遠慮頂いております 乳児専用席(限定20席のみ) ・乳児を膝の上に座らせてご参加いただけます   ■  その他 ・会費(チケット)は事前振込みとなっております ・お振込後のキャンセルは不可となっております ・公共交通機関をご利用の上ご来場下さい ・お車の方はラポルテ駐車場をご利用いただけます。 講演会会場での駐車割引はございません   お申込済みの方へ 指定の振込先に参加費をお振込ください。 ※お申し込み後、3日以内にお振込をお願いします。 10/28午前中にお振込お願いいたします。 振込控えがチケット代わりになります。当日必ずお持ちください。   <講演会チラシはこちら> 2014-09-12 10-32-29 2014-09-12 10-34-08                               お問合せはこちらからどうぞ    

スケジュール
参加者の声
トレーナー育成
通信講座について
キャリア別プログラム
教育機関の方へ
新着情報
協会ブログ